【闘痔】爆心地「復興」日記4

【入院3日目】

爆心地(*)が痛みます。とにかく痛みます。
ヤケドしてしまったかのような、ヒリヒリ、ジンジンとした痛み。痛み止め(ロキソニン)を飲んでも、「ガマンできるけどちょっとヤバイかな…」といった程度にしかおさまりません。

気を紛らわすために、持参した本を読もうと思います。
入院の手引きのような冊子には、次のように書いてありました。

「術後1日目は、麻酔の副作用(頭痛や下肢のしびれ)が出ることを避けるため、本を読んだりパソコンを使用することはお控えください」

本、読めないのか…。ま、でもちょっとくらいなら大丈夫でしょ。麻酔ももう抜けてると思うし。
そう思い、1〜2時間くらい読書をしました。この読書が、のちに効いてくるとは…。

やがて22時をまわり消灯の時刻です(わたくしの病室は個室だったので、あまり関係はないのですが)。
そろそろ眠りに就こうと思いますが、今日は睡眠導入剤はありません。

…痛くて眠れない。

お風呂は手術の日から禁止されており、カラダがベタつくのも相まって、なんだか休まりません。アタマもカユイ。まったく眠れない。
律儀に食後すぐに痛み止めを飲んでいたのも、失敗でした。19時前に飲んだ痛み止めの効果が、深夜には完全に切れました。余計に眠れない。

痛い…痛い…。

痛い…痛い…。

飼っているうさぎ(かわいい)のことを思い出し、痛みを克服しようと頑張ります。

かわいく草を食むうさぎ(かわいい)
かわいく草を食むうさぎ(かわいい)

うさぎ(かわいい)は自宅でかわいくやってるのかなぁ。

下から見てもかわいいうさぎ(かわいい)
下から見てもかわいいうさぎ(かわいい)

思い出してもかわいいなあ。

unkoまみれの床でうとうとするうさぎ(かわいい)
unkoまみれの床でうとうとするうさぎ(かわいい)

ケージの中を掃除しても3時間くらいでunkoまみれになっちゃうからなあ(うちのうさぎ(かわいい)はトイレがどうにもヘタ)。

飼っているうさぎ(かわいい)のことを思い出しても痛みがやわらぐことはなく、一睡もできないまま翌朝を迎えました。

翌朝7時の検温のためにやってきた看護婦さんに「まったく寝られなかったので、今日の夜は睡眠導入剤をください」と真顔で懇願しました。
昨日ケラケラ笑っていたキタキタおやじは、すっかり姿を消していました。


(*)爆心地…包み隠さずいうと、肛門のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です