うさぎ13歳・ずっとkawaii奇蹟

この世界線だけではなく平行/垂直する別の世界線においてもkawaiiを提供し続けることでおなじみの唯一絶対愛ことうちのうさぎ(はな太郎)が、2019年7月13日にて13歳となりました。
ちなみに、「この世界線だけではなく平行/垂直する別の世界線においてもkawaiiを提供し続けることでおなじみの唯一絶対愛」までが、うちのうさぎ(かわいい)のキャッチフレーズです。テストに出るので覚えておいてください。

13さいになった瞬間に好物のバナナを食べるうちのうさぎ(かわいい)
13さいになった瞬間に好物のバナナを食べるうちのうさぎ(かわいい)

ここまで長生きするとは。ほんとに、ここまで長生きだとは。

なんかここ毎年言っていますが、さすがに加齢が見られます。
毛ヅヤや目の色、あとunkoがころころと丸い健康なヤツではないべったりとしたヤツをしちゃう、などなど、全盛期の若々しさは見られなくなりましたが、食欲もあるし比較的よく動くので、もうしばらくは元気でいるかな、といった次第です。

長生きなのもすごいな、と思うのですが、やはり生まれてからいままでの13年間、ずっとkawaiiという事実にも心が動かされます。

2007年2月、我が家にやってきた日の画像。画質の悪さに時代を感じる。
2007年2月、我が家にやってきた日の画像。画質の悪さに時代を感じる。

ペットショップで購入したのは彼が生後6ヶ月くらいだった2007年2月のことだったので、わたくしは生まれてからの半年間の彼のkawaiiに直接は触れていません。ただ、哺乳類の幼年期はだいたいkawaiiと言っていいので、彼の13年間は毎日すべての時間でkawaiiを演っているということになります。
この事実の揺るぎなさと「奇蹟」ともいえる時間の使い方。こんな生命が、この世界に存在してもいいのか。「世界線を超えてkawaiiを提供し続ける」があながち過言でもないことがいえると思います。

中学校の学校行事の集合写真より
中学校の学校行事の集合写真より

急に芋っぽい写真の登場で恐縮ですが、かたや13歳のわたくしです。13歳ではもうまったくかわいくないな。老けすぎ。まじでなんなんだ。まじで、なんなんだ。
4歳くらいまでがかわいさの限界だったと思います。あとはもうかわいさの下降線。

ちょっとした「気品」もあるな…
ちょっとした「気品」もあるな…

うさぎの13歳を人間の年齢に換算すると、90歳以上とのこと
90歳を超えてなおこのkawaiiというのも奇蹟。生きているだけでも奇蹟なのに、それがこんなにもkawaiiなんて……!

昨年書いた記事の「飼い方」を変わらず踏襲し、健康とkawaiiを継続できるようにしていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です