うさぎ13歳・ずっとkawaii奇蹟

この世界線だけではなく平行/垂直する別の世界線においてもkawaiiを提供し続けることでおなじみの唯一絶対愛ことうちのうさぎ(はな太郎)が、2019年7月13日にて13歳となりました。
ちなみに、「この世界線だけではなく平行/垂直する別の世界線においてもkawaiiを提供し続けることでおなじみの唯一絶対愛」までが、うちのうさぎ(かわいい)のキャッチフレーズです。テストに出るので覚えておいてください。

13さいになった瞬間に好物のバナナを食べるうちのうさぎ(かわいい)
13さいになった瞬間に好物のバナナを食べるうちのうさぎ(かわいい)

ここまで長生きするとは。ほんとに、ここまで長生きだとは。

なんかここ毎年言っていますが、さすがに加齢が見られます。
毛ヅヤや目の色、あとunkoがころころと丸い健康なヤツではないべったりとしたヤツをしちゃう、などなど、全盛期の若々しさは見られなくなりましたが、食欲もあるし比較的よく動くので、もうしばらくは元気でいるかな、といった次第です。

長生きなのもすごいな、と思うのですが、やはり生まれてからいままでの13年間、ずっとkawaiiという事実にも心が動かされます。

2007年2月、我が家にやってきた日の画像。画質の悪さに時代を感じる。
2007年2月、我が家にやってきた日の画像。画質の悪さに時代を感じる。

ペットショップで購入したのは彼が生後6ヶ月くらいだった2007年2月のことだったので、わたくしは生まれてからの半年間の彼のkawaiiに直接は触れていません。ただ、哺乳類の幼年期はだいたいkawaiiと言っていいので、彼の13年間は毎日すべての時間でkawaiiを演っているということになります。
この事実の揺るぎなさと「奇蹟」ともいえる時間の使い方。こんな生命が、この世界に存在してもいいのか。「世界線を超えてkawaiiを提供し続ける」があながち過言でもないことがいえると思います。

中学校の学校行事の集合写真より
中学校の学校行事の集合写真より

急に芋っぽい写真の登場で恐縮ですが、かたや13歳のわたくしです。13歳ではもうまったくかわいくないな。老けすぎ。まじでなんなんだ。まじで、なんなんだ。
4歳くらいまでがかわいさの限界だったと思います。あとはもうかわいさの下降線。

ちょっとした「気品」もあるな…
ちょっとした「気品」もあるな…

うさぎの13歳を人間の年齢に換算すると、90歳以上とのこと
90歳を超えてなおこのkawaiiというのも奇蹟。生きているだけでも奇蹟なのに、それがこんなにもkawaiiなんて……!

昨年書いた記事の「飼い方」を変わらず踏襲し、健康とkawaiiを継続できるようにしていきたいところです。

7件のコメント

  1. 通りすがりです。
    うちのうさぎが現在10歳で、長寿うさぎさんのことを検索してたどり着きました。
    かわいいくんのことを知って、うちのムスメもまだまだ一緒にいられそうで安心しました。

    追伸:私、かわいいくんと誕生日が一緒です。かなり年上ですが…

    1. コメントありがとうございます。

      うちのかわい子ちゃんは、オヤツ欲しがるときは「バターになっちゃうんじゃないか」という勢いでオヤツを持ってる人の周りをぐるぐる回るので、13歳にしてはかなり元気だと思います。調子がよいときは二足歩行もします。

      ムスメさんは10歳とのことですが、まだまだ一緒に楽しく過ごせます。
      夏さえ涼しくしてあげれば安心かと思います。

      誕生日が同じでしたか。
      来年の誕生日も、仲よく一緒にステップアップさせてくださいね。

  2. はじめまして、コチラも通りすがりデス。
    ウサギかわいいです。
    ウチのウサギも11才長生きでしたが、つい2日前に死んでしまいました。
    前日には裏の畑で元気に散歩して、エサも食べてて、突然でした。
    でも日々老いを感じていたのも確かで、毛ツヤも若い頃に比べるとなくなって。丸々してた体は心なしか小さくなって。目は白内障かしら白く濁って、裏庭で大きなサークルに入れた時、近頃はサークルにぶつかる事がありました。ああ見えてないんだな‥と。
    そういえば、毎朝元気な姿を見て今日も生きてて良かったとホッとしていました。
    命ある子、いつかは死がやってきます。大事にしてやって下さいね。たった今元気でいる子を可愛がってやって下さいね。

    また、こちらのウサギ(かわいい)さんの様子のぞかせてもらいますね。

    1. こちらは重複送信になっちゃったものですかね。

  3. はじめまして、コチラも通りすがりデス。
    ウサギかわいいです。
    ウチのウサギ(ネザーランドドワーフ)も11才長生きでしたが、つい2日前に死んでしまいました。
    前日には裏の畑で元気に散歩して、エサも食べてて、突然でした。
    でも日々老いを感じていたのも確かで、毛ツヤも若い頃に比べるとなくなって。丸々してた体は心なしか小さくなって。目は白内障かしら白く濁って、裏庭で大きなサークルに入れた時、近頃はサークルにぶつかる事がありました。ああ見えてないんだな‥と。
    そういえば、毎朝元気な姿を見て今日も生きてて良かったとホッとしていました。
    命ある子、いつかは死がやってきます。大事にしてやって下さいね。たった今元気でいる子を可愛がってやって下さいね。

    また、こちらのウサギ(かわいい)さんの様子のぞかせてもらいますね。

    1. コメントありがとうございます。

      まずは、このたびのうさぎさんのご冥福をお祈りさせてください。

      そうでしたか、元気なのに突然亡くなってしまうこともあるんですね。
      うちのうさぎ(かわいい)は部屋で飼っているのであまり走ったりはしないのですが、基本的には元気で、それでも「あれ、調子悪いのかな」という日はほんとうに心配します。
      そんな日には死を意識するのですが、元気だった翌日にでも急に亡くなるのかもしれないと思うと、やはり毎日たいじにしてあげないと後悔してしまいますね。

      いつかは必ずくる死に対して、わたくしたちが後悔しないように、あとうちのうさぎが「ここでの生活、悪くなかったな」と思ってくれるように、日々かわいがって過ごしていきます。
      きらきらぼしさんからいただいたコメントには、うさぎさんへのフラットながらも深い愛情を感じます。だいじにされていたんですね。きっとお月さまに帰ったうさぎさんも、いまごろ「楽しかったなあ」とごはんの味とともに思い出していると思います。

      ちなみにさいきんこのブログにはうさぎ(かわいい)は登場してませんが、変わらず元気でやってます。ときどき毛繕い中によろけちゃうのがやっぱり心配。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です