いわば形而上学的下痢

休日と平日の違いは、根本的には制度として準備されているものの差でしかありません。
社会制度が、その社会を営むために便宜的に「この日は休日」「この日は平日」と定義しているのであり、生物、さらにいうと有機物としてそれを検知できるほどの差はないハズです。

でも、平日の朝は確実な下痢。たいしたもんです。

仕事はイヤだけどいまの職場は以前の職場のようなイヤさはなく、しっかり睡眠と栄養もとっています。

しかし、平日の朝は確実な下痢。たいしたもんです。

有機物としての反応/反射を超えたところで、社会制度という超自然的な概念をとらえて下痢。いわば形而上学的下痢です。わたくしは下痢と下痢で通勤(JR武蔵野線)を挟む。
過敏性腸症候群を患っているわたくしですので、それが原因かもしれませんが、JR武蔵野線に乗っている間に腹痛はありません。過敏性腸症候群ならば、電車内でお腹が痛くなって下痢をするハズ。その点でもさっぱり意味が解らない。

JR武蔵野線の車体のラインカラーはオレンジバーミリオンとブラウン。奇しくも下痢の色。

JR武蔵野線
JR武蔵野線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です