いままさに食べんとせんばかりの勢い

首都圏はいまだもって新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下にあるため、飲食店は20時で閉店してしまいます。

そうすると、20時以降も営業しているスーパーのお惣菜コーナーに群衆が生じます。
お惣菜コーナーに残存しているB級品のお弁当は争奪戦となり(*C級品はブルマがナメック星で仕方なく食べているお弁当と同じだからだれも手をつけない)、レジまで列が連なります。なんとも不条理。「緊急事態宣言下」という言葉の似合うこと。

夕食がまだのわたくしも、仕事の帰路にあって、その群衆に紛れて品定めをしなければなりません。目指すは唐揚げコーナー。
しかしながら、唐揚げコーナーの前にはリュックを背負った大柄の男性が鎮座しており品定め中。鉄壁のディフェンスが他の追随を許しません。いままさに食べんとせんばかりの勢い。

わたくしだって唐揚げを見たい。ちょっといいですかね。ちょっ、ちょっと、ちょっと、横からいいですかね。
スーパーはビュッフェとは違うのだから、そんないままさに食べんとせんばかりの勢いで見なくとも……。やっと唐揚げコーナーの前に立てたわたくしは、横で血まなこになって唐揚げを品定めしているリュックの大柄男性を一瞥します。

あっ! アミアミになってるリュックのサイドポケットに、使いさしのマヨネーズを入れてる! しかもキャップを下にして!

「失礼しました……」

彼は“本当に”、いままさに食べんとせんばかりの勢いで唐揚げコーナーにいたのです。中途半端に唐揚げを食べたいなんて気持ちで唐揚げコーナーの前に立ったわたくしが恥ずかしい。

緊急事態宣言、早く解除になるといいですね。


(*)C級品はブルマがナメック星で仕方なく食べているお弁当と同じだからだれも手をつけない…以下の記事に詳報がございますので併せてご覧ください。

本当に美味しくない牛カルビ重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です