ジェットストリームがぶっ壊れがちの人生

『ジェットストリーム』というボールペンを職場で愛用しています。

仕事ではあまり字を書くこともありませんが、せっかく書くのであれば書き味のよいボールペンを使用したいものです。
いろいろと比較検討したところ、書き味のよさは『ジェットストリーム』一択でした。これに慣れてしまうと、他のボールペンに「物足りなさ」を感じます。
『ジェットストリーム』には、ボールペンインク特有の「ひっかかり」がなく、ペンはなめらかに走り、紙にうつったインクの発色もよいです。

というワケで、わたくしはご紹介の『ジェットストリーム スリム』というモデルの3色ボールペンを購入しました。
いつインク切れになってもいいように、黒・赤・青の替え芯も併せて準備済みです。しかも、大量に。あまり字を書くこともないのに。

でも、インク切れになる前に、なぜか本体のほうがぶっ壊れるんだよなあ。それも2回。

最初は、芯を出したり引っ込めたりとカチカチやりすぎて、本体の軸の中心が裂けました。そんなことある?
本体の軸の中心が裂けると繰り出している芯の固定が甘くなり、筆記中に芯が引っ込んでリセットされてしまいます。3回中1回くらいの割合で引っ込むという、タチの悪い壊れ方。「格好悪いふられ方(大江千里)」みたいですね。

イラ立ちのあまり買い直した『ジェットストリーム スリム』を襲ったのは、「グリップ部がネバネバになってちょっとイヤな使用感になる」というタイプの壊れかた。そんなことある?
ノートパソコンの排熱が直撃する箇所に放置していたのが災いしたのかもしれません。まあ、「壊れた」は言い過ぎかも解りませんが、「使用に支障がある」とは言えます。

いずれも、「完全に使えない」ワケではなく、なんとなく使用中のメンタルの重荷になるような壊れ方。
「書き味のよさ」を追求した結果が、これ。

当然ながら、『ジェットストリーム スリム』を書い直すと漏れなく芯もついてきます。
黒・赤・青の大量の替え芯が活躍することもなく幾星霜。先にチカラ尽きるのは本体のほうだとは。

引き出しにしまいっぱなしの替え芯のインクまでネバネバになってしまったら、追求している「書き味のよさ」が最悪になります。
わたくしにできることはもはや、そうならないことを祈るのみです。ネバネバを前に、人間とはなんと無力なのでしょう。

「なめらか書きやすい」って買いちゃうくらいなめらかで書きやすいジェットストリーム
「なめらか書きやすい」って買いちゃうくらいなめらかで書きやすいジェットストリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です