閾下の意識でシンクロニシティ

空いている中華料理屋さんでひとり昼食をとっていたところ、女性客がひとり入ってきました。

店員さんは現地の方。案内された女性客はわたくしからすこし離れたテーブルに座り、メニューを見ているようです。
しばらくし、呼び鈴で店員さんを呼びました。空いている店内につき、聞き耳を立てているワケではないのですが、否が応でもやりとりが聞こえてきてしまいます。

「今日の日替わりってこれですか?」
「はい、そうです」
「これ、辛いですか?」
「四川風の炒め物? 辛い」

以前わたくしはこのお店で回鍋肉を食べたことがあったのですが、赤さの際立つそれはふつうに辛かったです。常に爆心地(*)を気にかけつづけなければならないほど。
おそらくは、その四川風の炒め物も辛いと思われます。どんなやつだか知らないけど。たしかに、辛さは控えめにしてもらったほうが吉です。

「これ、いちばん辛くしてもらってくれますか?」

えっ?

「辛くする? 激辛?」

国境と立場を超え、店員さんとわたくしにシンクロニシティ
いちばん辛くするでいいの? 「いちばん」って人生でもなかなか言わない言葉よ?

「そう、激辛。いちばん辛く」
「激辛ね?」
「はい」
「以上でよろしいですか」
「はい」

中華料理なので、デリバリーが早い。
注文してから4分くらいでその女性に「いちばん辛い」四川風の炒め物が到着しました。

「ガッ! ガハ! ゴーホ! ゴホッゴホッゴホッ!」

咳き込むまでもが早い!
わたくしは「ほら〜」って思ったし、その店員さんも現地の言葉で「ほら〜」って思ったと思う。閾下の意識でシンクロニシティを感じました。


(*)爆心地…包み隠さずいうと、肛門のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です