小学生はシングルとアルバムの違いを答えられるか

小学生のころはテレビに出ている芸能人や音楽に興味がありませんでした。というより、なんか気恥ずかしく思っていました

この感覚はわたくしだけなのかもしれませんが、テレビに出ている芸能人やアーティストなどに対しての興味を表明することが、なんだか恥ずかしかったのです。
「クラスの異性である誰それに興味がある」と表明することが恥ずかしいという感覚はいまでも理解できるのですが、たとえば「『やまだかつてないWink』が好きで興味がある」が恥ずかしい理由が思い出せない。いや、これは違う意味で納得だな。
ちょっと違う方向に行ってしまいましたが、そういう恥ずかしさではなく、「だれもが知っているテレビに出ている人」を話題にすること自体がなんだか恥ずかしかったということです。ぜんぜんそのときのメンタリティが思い出せませんが、そういうことです。

そういった(よく解らない)理由があり、小学5年生(1993年)のわたくしはテレビ番組を話題にすることはあっても、特定の個人や歌を歌ったり音楽をやっている人たちに言及することはありませんでした。

なのでわたくしは、「マツオカ、おまえシングルとアルバムの違い、知らないでしょ?」といきなりバカにされたのです。
いやいやいや……それくらいは解るでしょ。そういう言いかたで人格を否定するのはよくない。個人の尊厳が傷つく。

とはいえ、テレビに出て歌を歌ったりしている人にいっさい言及しなければ、CDについて無知と思われてしまうのも仕方ありません。こういう些細な点から小学生は唐突にマウントをとって急きょ人格を否定してくるので、みなさまも気をつけるべきです。

わたくし「1曲だけがシングルで、たくさんがアルバムでしょ! それくらいは解らい!」
友だち「お、知ってるじゃん、合ってる!」

ほんとに合ってるでいいの? 答えとしてなんか微妙じゃない?

2021年になったいま、改めて正式な定義として考えたとき、シングルとアルバムの違いってなに? 販売側のさじ加減でシングル/アルバムの定義は決まるから、購入側はその違いを独断で特定できなくない?

いまはなき8cmCD
いまはなき8cmCD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です