【橋名板】#295 塩原橋 / 竪川(東京都墨田区)

木の親柱に石の橋名板は珍しい(気がする)。

塩原橋
塩原橋
しおばらはし
しおばらはし
塩原橋全景
塩原橋全景

(2018年6月2日撮影)

塩原橋 / 竪川(東京都墨田区)

4件のコメント

  1. この橋を、自転車で登ろうとして、上り口で、のぼりきれなくて、転んで、頭を打ち、
    救急車で、救急病院へいきました。次の日に行って、鼻血が、かなり出ましたので、
    拝んできました。凄い橋ですな。急な登りで、橋の歩くところは、人が一人通れる位の
    狭さ。初めて見ました。皆さん気を付けて通ってくださいね。CTスキャンを取って、
    何事もなさそうていうことで、めまいの薬を頂いて飲んでおります。

  2. この橋を、自転車で登ろうとして、上り口で、のぼりきれなくて、転んで、頭を打ち、
    救急車で、救急病院へいきました。次の日に行って、鼻血が、かなり出ましたので、
    拝んできました。凄い橋ですな。急な登りで、橋の歩くところは、人が一人通れる位の
    狭さ。初めて見ました。皆さん気を付けて通ってくださいね。CTスキャンを取って、
    何事もなさそうていうことで、めまいの薬を頂いて飲んでおります。

  3. 怖いです。あそこは何かあったところでは、ないでしょうか?

    1. それはお気の毒でしたね。どうぞお大事にしてください。
      わたくしは橋名板を鑑賞するために橋を巡っているので個々の橋の成り立ちや歴史には疎いのですが、都市の制約等で狭く急な橋の造りになっているのかもしれません。
      「何か」というのは霊的な現象のことを指しているのかと存じますが、物理的制約で事故が多発するのであれば、たしかに「危ない橋」という認識が広まり、それが大衆の深層の意識となり、やがて事実と乖離した霊的な現象になるうる可能性がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です