生きることとは、臭くなることなんだ。

母親が引っ越すということで、実家に置いてあった幼きわたくしの写真を回収してきました。まあ実家とは言え、そこで生活していたことはないのですが。

わたくしの幼少期
わたくしの幼少期

“昭和”としかいいようのないカーテン・カーペット・服装・デザイン・空気感。

あらためて思うのは、幼児ってすべすべしていて柔らかそうで、なんとなく臭くなさそうなんですよね。
ここから成長するにつれどんどん臭くなっていき、成長が止まることで堰を切ったように加速度的に臭くなる。もっと臭さを、さらなる臭さを。

そうだ。生きることとは、臭くなることなんだ。

以前、わたくしは当サイトに「『臭』という字」について書き殴ったことがあります。

『臭』という字

『臭』という字は、「自らの大きさ」であるという結論から始めたこの文章。
しかし正しくは、それに加えて「自らが大きくなること」であると、いまは考えます。

「自らの大きさ」こそ『臭』であり、その『臭』は「自らが大きくなった」結果です。
おぎゃあと無臭で生まれた人間は、大きくなるにつれさまざまな『臭』を身にまとっていく。だから『臭』は、「自らの大きさ」と書くのです。ちょっと『鼻』にも似ている点もまた、興味深いですね。

そう考えてみると、「臭いこと」をただ単に忌避するワケにはいかず、不思議とそれは「誇り」でもあると思えませんか? この臭さは、成長の証左であると。

わたくしはそうは思えませんし、なるべく臭くならないように生きていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です