珈琲クソ野郎之脊髄反射的購買体験記5

珈琲クソ野郎を自認しているわたくしですので、UCCミルクコーヒーを冠しているこちらを近所のスーパーで発見し次第、衝動的に購入しました。

しあわせ届けるミルクコーヒーくりぃむぱん
しあわせ届けるミルクコーヒーくりぃむぱん

『しあわせ届けるミルクコーヒーくりぃむぱん』ということで、「“しあわせ”とは主観的なものであり、先方の提示する“しあわせ”と当方のそれとは必ずしも一致しないのでは?」という懸念はありますが、何はともあれまずは購入です。中華まんを半分に切ったような物体があしらわれている見た目からすでに、“しあわせ”の雰囲気に満ち満ちていますね(わたくし個人の感想です)。

さっそくいただいてみたところ、なんだかMAXコーヒーを思い出しました。

「そう来たか〜」と思わざるを得ない甘み。UCCミルクコーヒーも比較的甘いのですが、もうすこしコーヒー感があったような。
このパンに挟まっているクリームは、コーヒーに練乳を混ぜたあと極限までコーヒー成分をろ過したような、あのMAXコーヒーの味でした。
とはいえわたくしは近ごろのUCCミルクコーヒーを飲んでいないので、もしかしたらUCCミルクコーヒーもコーヒー成分のろ過に躍起になっているのかも解りません。

こういうことを書いていると「何が珈琲クソ野郎だ、ぜんぜんコーヒーを語れていないただのクソ野郎じゃないか」というお叱りの声も聞こえてきそうなので、もう一度原点に立ち返って缶コーヒーの飲み比べをしていこうと思います。

結論的には、何といいましょうか、わたくしに“しあわせ”は届きませんでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です