【再放送】間違い探し

#068 間違い探し
松岡 (2005年1月19日 02:34)

小さいころ、雑誌などに載っている間違い探しで遊ぶのがスキだった。

『小学4年生』だかなんだったか忘れたが、そういう小学生向けの雑誌にも間違い探しは載っていて、僕はマヌケ面をひっさげてそれに興じていた。
その間違い探しは、左右の絵の違いを探すスタンダードなタイプではなく、ひとつの絵の中から間違いを見つけるものであった。
だからといって難しいものではなく、晴れているのにカサを差しているとか、いぬが塀の上を歩いているとか、そういった単純な間違いを見つけ出すものだった。

僕は順調に間違いを見つけていったのだが、どうしてもひとつだけ見つからないのだ。それが見つかればすべてクリアするのに。
スミからスミまで穴が開くほど凝視しても見つけられず、僕はあきらめて答えを見た。いったい何が間違いなのか。

「こたえ : …ろう下なのに道路ひょうしきがある / 時計の数字がかがみ文字になっている / 男の子の服のそでの長さが左右でちがう / ろう下を歩いている先生の服が女性なのに左がわが前」。

ひとつだけ異様な難易度の高さ。左側が前だと間違っているのか…。
当時小学生だった僕がこの答えを完全に理解するのにあと数年の時間が必要であったことは、読者の誰もがうなずくところであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です