「坊主頭にする」とのこと

前々から「髪型をショートカットにしたらどうか」と妻に推していたのですが、妻からは「髪質が合わない」「天パだから爆発する」「妻が大惨事になってもよいのか」と固辞されていました。
ところがいい美容師さんを見つけたのか、さいきんついにショートカットにしました。思っていた以上にいい感じらしく(たしかに爆発はしていない)、乾かしたりの手間もかからず、本人も気に入っているもよう。

そんな妻が、調子に乗って「坊主頭にしてみようかしら」と言い出しました。寂聴に憧れがあるとは。

あれ、そういえば以前にわたくしが「一回坊主頭にしてみようかな」と提案してみたら、「やってもいいけど離婚だから」と言われた気がするのですが。

「わたしはいいけどあなたはダメ」という一種のジャイアニズム、あるいは「アタマを丸めてでも離婚したい」という意思表示。
わたくしの家庭はまもなく崩壊するので、あとは飼っているうさぎ(かわいい)の親権をどうするかです。これも妻が主張しています。

「妻の坊主頭」というやんごとなきイベントにせめてゲーム性を持たせたいと、わたくしは「坊主頭にしたらヅラを被ってぼくにバレないように過ごして、坊主がバレたら離婚ってのはどうかな?」という提案をしました。
妻は「ああ〜」みたいな反応。ほぼシカトじゃないか。妻の「坊主頭にする」発言を真に受けたわたくしが悪いのかな?

結婚10年を経て、混迷を極めるわたくしの家庭。どこまでが冗談でどこからが本気(まじ)なのか、いよいよもって解らない。

親権が妻に渡った場合、1ヶ月に一度でも面会したいな
親権が妻に渡った場合、1ヶ月に一度でも面会したいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です