ていねいな日本語で下ネタを話す

さいきん、韓国の方と一緒に仕事をしています。韓国の方と仕事をするのは初めて。

これは反省なのですが、わたくしは韓国の方にあまりいい印象を持っていませんでした。
しかし、一緒に仕事をしている人はめちゃくちゃいい人で面白いし、仕事も一生懸命にやってくれるので、印象が変わりました。国家やナショナリズムにとらわれることなく、「ひとりの人間」として接することが本当に大事ですね。ナントカ人でひとくくりにしてしまうのは、本当によくない。こう思っちゃうのは、単一民族国家の日本ならではなんだろうなぁ。

一緒に仕事をしている韓国の方は日本語もていねいで上手だし、笑いというか間の取り方も上手だし、わたくしは彼らを尊敬しながら一緒に仕事をしています。外国行って、外国の言葉で、笑い取れます? ぼくにはとてもできない。

「わたしは、お尻の大きい女性が、好きです」

主語-修飾語-述語が、完璧に揃ったていねいな日本語で、下ネタを話してくれます。

「楽天ポイントを使って、彼女が、ゴムを5ダース、買ってくれました」

「楽天ポイント」で笑っちゃう。ていねいな日本語でゴリゴリの下ネタ

「平成から令和になって、わたしは、彼女と別れました」

韓国人、元号気にするんだ。ていねいな日本語ですね。

「元カノの知り合いの女性と、令和になってすぐ、付き合い始めました。Eカップです」

節操ないな! ていねいな日本語に下ネタ挟むな〜。

「わたしは、ヤリチンじゃ、ありません!」

ほとんど下ネタじゃねーか! ていねいな日本語だけど。いや、ていねいか?

本文と関係のない画像
本文と関係のない画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です