だれも信じてくれないSiriのファインプレー

だれに言ってもぜんぜん信じてもらえない話があります。

わたくしはウソをつくし、事実を脚色して伝えることもあります。事実以外がウソであると定義すれば、脚色した内容はウソということになります。
しかし、これから書くことはすべて事実、実話です。一部記憶が曖昧な部分があるものの、脚色もございません。

妻がiPadのSiriに対し「hey Siri、あした晴れるっけ?」と音声認識機能で検索したことがあります。
本当にくだらないのですが、「Siriへの問いかけをジャマする」というのが当時の我が家では流行っていたので、わたくしはそれにかぶせるように「Siriちゃん! Siriちゃん!」と さもアイドルのコンサートに参加する観客のように、Siriの名前を連呼します。

画面に表示された音声解析結果は「明日、うんこだって?」
それに対してはSiriは、「すみません、よくわかりません」

爆笑するわたくしたち。そんな間違えかたある? Siriの平熱の反応にもウケました。
同じことをもう一度やりましたが、Siriはちゃんと聞き分けてくれて「いいえ、明日は雨が降ります」みたいなふつうのことを言っていました(ここだけはあまりよく覚えてない)。

ところがこの話、だれに言ってもまったく信じてもらえず、会社の後輩には「マツオカさん、そんなウソまでついて笑いがとりたいんですか?」と諭されてしまいました。
(しつこく食い下がったものの、「もういいです」みたいなことまで言われた)

すべての人はウソをつく。「わたしはウソをつかない」自体がウソ。
そんなクソッタレ世界であってもこれだけは本当。信じてくれなくてもいい。これは本当だから。

信じてもらえない事実、Siriのファインプレーをここに記載し、供養とさせてください。

Siriだけにunkoってか、やかましいわ! とたたみかけてまた信頼を失う
Siriだけにunkoってか、やかましいわ! とたたみかけてまた信頼を失う

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です