王様のブランチ基準

わたくしの勤めている会社は、就職を機に地方から上京してくる人が比較的多いです。東京出身の人はひと握り。

先日、上京してきた後輩に「東京に出てきてよかったこと」を聞いてみたところ、「『王様のブランチ』が途中で終わらないで最後まで観られる」ことを真っ先に挙げていました。真っ先に。

そうなの?

たしかに情報満載の『王様のブランチ』ですから、それが最後まで観られるのは目的に適っていると思います。情報を得たくて『王様のブランチ』を観ているのに、その番組が途中で終わってしまう。それは目的を達成できていません。
そもそも東京で生まれ育ったわたくしは、地方では『王様のブランチ』が途中で終わってしまうことを知りませんでした。『王様のブランチ』が途中で終わってしまう世界があるなんて、夢想だにしていません。当たり前は、えてしてその価値を低くとらえてしまうのです。

『王様のブランチ』が最後まで観られる。
それは東京に住むことの、大いなるアドバンテージです。

でも、そうなの? 『王様のブランチ』、そんなに観たいの?

そのような もやもやを抱えて今日まで生きてきたのですが、今日、別の後輩と話していた時、後輩は「休日の昼といえば、東京に出てきて、『王様のブランチ』が最後までやってるのに衝撃を覚えました。あれ、『王様のブランチ』、長くね? って」と。

どうも、「『王様のブランチ』が最後までやってるかどうか基準」というのがあるみたいです。

 (参考)ときわ台の物件を紹介する王様のブランチ
(参考)ときわ台の物件を紹介する王様のブランチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です