「薬剤師」ってなんなんだ

カゼをひいてしまい、病院に行きました。

むかしは病院で直接クスリを受け取れたのですが、いまは医師の処方せんを持って薬局に行き、薬剤師からクスリを受け取る段取りになっています。『医薬分業』というヤツですね。
メリットもデメリットもあるようですが、現在ではこれが一般的となっています。

そう、むかしは薬局で薬剤師さんと接する機会がなかったのです。つまりわたくしは、「薬剤師」という存在を知らなかった。

小学校のころ、すなわちまだ『医薬分業』が一般的でなかったころ、友だちが「薬剤師になりたい」と言っていました。

(えっ、ヤクザ医師…? ヤブ医者のこと…?)

公正な反応だと思います。まったくもって違和感がなく、大いに正しい。
松岡少年は「薬剤師」を知らない。だから「ヤクザ医師」だと解釈する。

わたくし「ヤクザ医師ってなに? 何する人?」
友だち「薬剤師っていうのは、お医者さんから指示されたクスリを患者さんに渡す人だよ」
わ「お医者さんとは違うの?」
友「お医者さんとは違って、診察はしないの」

なるほど、診察できないからヤクザ医師なのね!

わ「そっかー、お医者さんみたいな仕事か〜。なれるといいね(『医師モドキ』だと思ってちょっとバカにしている)」

このカン違い、高校生くらいまでしつづけていました。

高校生のわたくし「えっ、ヤクザ医師ってヤクザな医者のことじゃないの?」
母親「薬剤の師よ。あきれた〜」
わ「まぎらわしいんじゃ! ガシャーン!(家財を破壊)」
母「あーっ! お父さん助けて〜!」

上段の後半の2行はウソですが、高校生くらいまで間違えて覚えていたのは本当です。

こういう経験を重ねてわたくしは歩んできました。いまだに自分の使っているコトバが妥当なのかは疑心暗鬼なまま。

「とんぷく」ってひらがなだとかわいいんだよな
「とんぷく」ってひらがなだとかわいいんだよな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です