ボドゲ大会(2017年7月度)

友人宅にて楽しいボードゲーム大会が開催されました。
ボードゲームは無限にあるんじゃないかと思ってしまいますね。楽しいことが無限にあるかも解らない、そう思うだけで、この腐った社会でも生きていける気がします。

アイスクール
アイスクール
『アイスクール』は、ペンギンのカタチをした起き上がり小法師をおはじきの要領で弾いて遊ぶ鬼ごっこゲームです。鬼(風紀委員)に捕まらないように逃げ回り、お魚をゲットします。
起き上がり小法師を弾くとクセのある動きをするので、思ったところに進みません。コツが要りますね。ルールもシンプルですし、誰でも同じように遊べるゲームです。ただ、マジでユビが痛くなります。

世界滅亡
世界滅亡
『世界滅亡』です。カードに書かれた効果を発動させ、滅亡ポイントを競います。100億点を先取したプレイヤーが勝利となります。
いわゆる「バカゲー」ですね。いろいろな滅亡のさせかたを楽しむゲームです。やってみると解るのは、「意外と世界は滅亡しない」

リベリウム
リベリウム
友人の股間が写ってしまいましたが、それはさておき『リベリウム』です。
4箇所の切れ込みが入ったカードに手持ちのカードを差しまくっていき、どんどん積んでゆくゲームです。崩したら負けのバランスゲーム。これもルールはシンプルですが、どの積み方(引っ掛け方)がイケてるのかイケてないのか、その辺の感覚がなかなか掴みづらかったですね。これもコツがありそうです。

ルールの達人
ルールの達人
『ルールの達人』は、ルールカードと手持ちの数字カードをうまく使い、「ルールを守ったら勝ち」というゲームです。
手札はたくさんあるのですが、そのラウンドで使えるのはルールカード1枚と数字カード1枚。プレイヤー全員がなんの数字を出すか(出ているか)を見極めて、ルールを決定します。
ゲームの進め方を飲み込むのに時間がかかりましたし、勝ち筋も見えない感じで、けっこう難しく思いました。でも面白いです。

ケーキバイキング!
ケーキバイキング!

『ケーキバイキング!』は、ケーキを食べたり食べさせたりして、なるべくカロリー摂取を控えるゲームです(カロリー取りすぎたら負け)。ルールもシンプルで絵柄もかわいいのでとっつきやすい感じでした。ただ、カードが円形なので切り(混ぜ)づらい

写真は撮り忘れてしまいましたが、他にも以下を遊びました。どんなゲームかは、Google等で検索していたたきまして。

  • ウントチュース!
  • 病み鍋〜こんなもの食えるか!〜
  • 正直うさぎの行進
  • カルカソンヌ
  • 5本のキュウリ
  • ブラフ

写真を忘れる=記憶から消えるとも言えるので、忘れているものがあるかも解りません。こうして人間は、記憶を喪ってゆくのです…。

なお『カルカソンヌ』に関しては、やっぱり最高に面白いので、自分用にも購入してしまいました。

うさぎも気になるカルカソンヌ
うさぎも気になるカルカソンヌ
友人宅にはまだまだたくさんのボードゲームがあり、ぜんぜん遊び切れていないので、次回のボードゲーム大会の開催が楽しみです。
オチのない文章となってしまいましたが、現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です