音楽にはチカラがある

妻とカラオケに行ったところ、急に LOVE PSYCHEDELICO の『Last Smile』を歌い出しました。なんでこの曲?

そして、おなかが痛くなってきました

わたくしが高校生の頃、通学中にこの曲を聴いていたところ急にお腹が痛くなり、最寄りの公衆トイレに駆け込んだことを鮮明に覚えています。

冬の朝、オレンジ色の低い光に包まれる公園。冷たく弱い風、張り詰める空気。淡々と重なるビートが耳に届き、徐々に増す腹痛。
ボーカルの声が低めの音域からサビへとのぼりゆき、さらなる迫力を増したその瞬間、矢も盾もたまらず個人ブースへジャンプ・イン。トイレットペーパーの有無を確認する余裕もありませんでした。

運命線から other way それから憂いてる風とも get away
いつでも放たれたくとも 君は目の前で last smile
ただ 見守ってるよな 君の style
oh 戯れの遠目な loser

歌詞の意味はよく解りませんが(でも“loser”がわたくしのことを指しているのは確実)、この歌詞がその後の『腹痛のテーマ』になってしまったことは想像に難くないと思います。

約20年の時を超え、妻の歌声で喚起される「あのときのように腹は痛くないか?」のメッセージ。
「うん、なんだか痛くなってきた」のアンサー。

「音楽にはチカラがある」と言われます。
本当に、そのとおりだと思います。

誰にでもあるお腹が痛くなる曲
誰にでもあるお腹が痛くなる曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です