人間ドックへの道程

人間ドックを受診しました。

起床後に採尿と採便(「採便」ってことばあるのか?」)し、それらを格納した検査キットをカバンに忍ばせ自宅を出ます。受診する施設は新宿にあるので、当然ですが電車に乗ります。

平日の10時前くらいの時間。電車は比較的混んでいました。カラダが押されるくらいの混雑です。
大学生か20歳代中盤くらいの女性が、別の人に押されたカラダをこちらに近づけてきます。

前述のとおり、わたくしのカバンにはunkoとoshikko。緊張が走ります。

「カバンにunkoとoshikkoがある状態」という特異な状況下で、不可抗力に女性がカラダを近づけている事実。
これはfrom被疑者to摘発事案になるのか。なってしまうのか。

「いや、待てよ……」、わたくしは考えました。
そもそも、いまこの電車に乗っている全員が、unkoやoshikkoを体内に蓄えている状態とも言えます。そのブツが、体内にあるか体外にあるかの違いでしかありません。
仮に摘発・逮捕・起訴されたとして、わたくしが「お前ら全員unkoやoshikkoを所持しているのと変わらないじゃないか! 無罪だ〜〜〜!!!!」と裁判所で陳述することで、情状酌量の余地は生まれるのでしょうか。

「どこからがunko/oshikkoで、どこまでがそれ以外なのか」

深遠なる疑問を抱えた地下鉄日比谷線は、地下へと滑り込んでいったのです。

本文と関係ない画像
本文と関係ない画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です