めがね之碑

めがね之碑
めがね之碑

眼鏡がはるかに海を越え 我が日本に 渡来したのは 四百二十余年前のことであります  文化の発達につれて めがねの需要も増大し 文化 政治 経済に貢献した役割は誠に大なるものがあります  その間 業界先覚者の研鑽努力により 今日の発展をみるに至ったことを回想  明治百年を記念して その功績を顕彰し慈眼大師ゆかりの地 上野不忍池畔に この碑を建立し 感謝の念を新たにするものであります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です