ナショナルジオグラフィックが裏付けた、エロの言いがかり

エロの言いがかりというものがあると思います。

小学生のころは、「全体的に柔らかいとエロい」という言いがかりがありました。
頰の皮というか肉というか、それが柔らかいとエロいそうです。わたくしの頬の皮というか肉は柔らかく、すごく伸びます。なのでエロいそうです。
また、指の関節が柔らかいとエロいそうです。わたくしは指の付け根が柔らかく、逆手で支持すると指が手の甲側に90度曲がります。なのでエロいそうです。

他にも、「髪の毛が伸びるのが早いとエロい」という言いがかりがありました。
当然、わたくしは髪の毛が伸びるのが早いです。水曜日と木曜日の間に劇的に伸びていることとかもあります。なのでエロいそうです。

因果関係や相関関係があるのかないのか解りませんが、もうこれはエロの言いがかりです。
「全体的に柔らかいとエロい」「髪の毛が伸びるのが早いとエロい」、全然意味が解りません。「○○だとエロい」というのには、わたくしはだいたい該当するのですが、まったくもって不可解です。これはもうちょっと怒ったほうがいいのか。

翻って最近では、「人差し指より薬指の長い方が男性的」という研究結果が話題になっています。(ご参考)

薬指の方が少し長い
薬指の方が少し長い

わたくしの手で見ますと、薬指の方が長いです。
「男性的」というのが「エロい」というメタファーであれば、ナショナルジオグラフィックまでわたくしをエロいと言ってきています
小学生の言いがかりを、学術機関がさまざまな研究とともに再定義してきた印象。もうぐうの音も出ません。

「薬指の方が人差し指より長く、それは手の甲側に90度曲がり、その指で頬の皮というか肉をつまむと異様に伸び、その属性を持つ人間は髪の毛が木曜日に劇的に伸び、そしてエロい」
小学生のエロの言いがかりは、科学に裏付けられた事実だったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です