ようすがおかしいの「Y」

寒さが続くなか、2017年もついに12月になりました。

システムリリースがあったりして、このところはずっと忙しいです。忙しいというより、拘束時間が長くて勤務体制が不規則な状態がずっと続いているといったほうが近いかも解りません。
よって、徐々にチームメンバーに疲労の色が出てきました。

先輩が喫煙所に行こうと上着をはおりながら、まるで諭すかのように、新たな価値基準を提示するかように、わたくしに語り出しました。彼はわたくしの先輩にあたりますが、派遣元が異なるので(要は他社さん)口調は敬語です。

先輩「いま、この中(フロア) すごくあったかいじゃないですか。あまり気づかないかもしれませんが」
わたくし「ええ、そうですね。あったかさがどのくらいかは解らないですね」
先輩「それが外行くと…」
わたくし「はい…(松岡、本気で「ゴクッ」)」
先輩「めちゃくちゃ寒いんですよ…
わたくし「」

12月のおなじみを、さも異常な現象かのように発表。前後不覚におちいるほど、先輩の疲労はピークを迎えているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です