前輪と後輪の両方がパンク

自宅には、2台の自転車があります。
いわゆるママチャリで、自分用と妻用の2台です。

ところが、妻用の1台は経年劣化が激しく、漕ぎ出すとカラカラ鳴ってうるさく、さらにいうと前輪と後輪の両方がパンクしています。端的にいうとゴミですね。ただただマンションの駐輪場使用料(300円/月)を浪費するばかり。

(参考)300円/月を浪費し続けるゴミ
(参考)300円/月を浪費し続けるゴミ

そんなわけで、自分用の1台を、妻とシェアして使用しているのです。いまはあまり自転車を使用することもないので、特に不便には思っていませんでした。

ある日、クリーニング屋さんに衣類を取りに行くため、この自転車を久しぶりに使用しようと自転車置き場から自転車を取り出しサドルにまたがったところ、異変に気づきました。

前輪と後輪の両方がパンクしてるじゃねーか。

自宅の自転車2台のうち2台の、前輪と後輪の両方がパンクしています。パンク率100%。
わたくしは300円/月をドブに捨てるところで踏みとどまっていたと思っていましたが、実際は600円/月をドブに捨てていました。いつからドブに捨てる金額が2倍に跳ね上がっていたのでしょうか。

ここは足立区なので「連続無差別パンク事件かもしれない」と思い、失礼して自分の自転車の左右に止められている別宅の自転車のタイヤの空気圧を確認したところ、両サイドともみっちり空気が入っていたので、ウチのがゴミだっただけでした。

そういえば自分用の自転車も漕ぎ出すとカラカラ鳴ってうるさかったので、もはやこちらも経年劣化が限界だったのかもしれません。同じ路(みち)を辿って奈落へ堕ちていった2台。

先日iMacを下取りに出して得たWAONポイントで得た新しい自転車と引き換えに、前輪と後輪の両方がパンクした経年劣化の激しい自転車はイオンバイクに引き取られていきました。

イオンバイクの人に「これ引き取ってください」と前輪と後輪の両方がパンクしている自転車を2台も差し出すわたくしの恥ずかしさと、受け取って「うわっ、2台とも前輪と後輪の両方がパンクしてる…」というカオをしたイオンバイクの人が感じたであろう情けなさ。

羞恥のミルフィーユは、ときにひとを強くする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です